消費税について

月曜日, 30. 12月 2013

はじめて消費税が導入されたのは平成元年です。そこで、日本において消費税導入はあまり歴史をもっていません。日本では、財政面において困るようになってから、消費税が導入されるようになったのです。

消費税は、国民すべてに一律の課税を行なうため、不公平税と呼ばれています。そのことから、長く導入を見送っていたのですが、多くの反対がありながらも社会福祉を目的として国会において強行採決されたのです。

そして、消費税の実施によって、税計算が面倒になるといったことがあったようです。さらに、導入時は税率3%であったことから、大量の1円玉が供給されるようになりました。また、消費税導入では、消費税対応電卓やレジスターが生産される機械となり、複雑な消費税の計算においては、専門家を必要とするようになるなど、一つの社会現象となったのです。

つまり、消費税導入後は設備投資が増えるようになり、景気への影響も見られるようになったとされています。現在では消費税が5%ですが、内税で表記することが義務づけられるようになり、消費税を払うことが当たり前といっただけでなく、払っていることに対する感覚がなくなってしまっているといってもよいでしょう。

さらに、今後は、消費税は8%に増加することが決まっています。また、将来的には、消費税額が増えて欧米並みになるともいわれています。そのようなことから、今後は消費者による負担が多くなるとされているのです。