住宅ローンについて

木曜日, 6. 2月 2014

建売住宅、注文住宅、マンションを買うときでも多くの人は一括で購入するといったことはありません。ほとんどの方は、住宅ローンを組んで住宅を購入するといったことになります。

住宅ローンであるなら、住宅は購入しやすくなるため、多くのローンが利用されるようになっています。住宅ローンには、さまざまな種類のものがあります。そこで、自分が払いやすい方法を選んでローンを組むことがよいとされています。

住宅金融公庫であったころは、公的資金を借り入れることができましたが、現在では、住宅金融支援機構となって公的住宅ローンと民間住宅ローンを合わせたような中間的な住宅ローンが主流となっています。この中間的な住宅ローンは、フラット35と呼ばれるもので、最長35年まで住宅ローンを組むことができることを特徴としています。この住宅ローンでは、固定金利型の住宅ローンであるため、返済計画が容易になるとされています。

フラット35では、住宅金融支援機構が金融機関を窓口として債権を担保によって貸し付ける方法です。そこで、金融機関としては、以前よりも負担が少なることから、金融機関においても申し込み者との住宅ローン契約が行ないやすくなることや長いローン金利によって利益が得られるようになるとされています。

また、利用者にとっては、低金利のときにローンを組むと金利の総返済額が少なくなるといったことから、非常に得することになります。

フラット35は、金利が低い現在において効果的なものとされています。