消費税増額

月曜日, 17. 3月 2014

消費税は平成元年に税率3%でスタートしました。これがしばらく続いてからは、5%に上がり、いまの税率となったのです。そして、消費税については今後8%になるとされています。

この消費税増額は、2014年4月からの開始が準備されています。この増額では、さらに消費者への税負担が多くなることから、不公平な増税が日常生活においてはさまざまな負担を受けるとしています。多くの商品においては、価格が上昇すると考えられ、それがあらゆるところにおいて影響を与えるとしています。

消費税が上がると、日用品だけでなく、商品をつくるための原料費、燃料費、輸送費においても課税されるようになることから、最終的な販売価格においては、増加した消費税率よりも価格が上昇する商品があるとされています。

例えば、工事などでは、住宅などでは、これらの費用に上に消費税が重なることになりますので、完成したときの住宅やマンションでは、今よりも販売価格が上昇するようになるとされています。そのようなことから、原料から工事、販売まで消費税がかかるようになるため、販売が鈍るということが想定されています。

しかし、このような状態は好ましくないとされていることから、消費税増税の影響を受けて購買力が低下しないように調整策を検討することになります。今回の消費税増税は、財政的解消を目的としたものですが、物価上昇によって企業業績をよくし、株価上昇などの景気がよくなることを目指しているようです。そこで、消費税増税によって景気が停滞しないような政策が与えられるようになっているとしています。