ローン減税

水曜日, 9. 4月 2014

消費税が増税になると、住宅やマンションの販売価格はいまよりも高くなるとされています。そのようなことから、増税後は住宅やマンションの購入を控えるようになるということも考えられています。そこで、消費税増税前に住宅を購入しようとする人が多くなるとされています。

しかし、消費税増税が行われると、必ずといってよいほど、住宅減税が行われるようになります。そこで、住宅購入においては、消費税が増税されても増税後では、負担が増えるといったことがなくなりますので、消費税増税前に慌てて購入するといったことを行わなくても増税の影響を受けることがないとされています。

住宅減税によって税額は軽減されることになりますので、消費税増税前の水準に近くなることがあります。また、住宅減税は、購入者の所得層によって効果か異なるようになりますので、所得層において効果があるのか確認しておくことがよいでしょう。それは、所得層によって、消費税増税前と消費税増税後のどちらで購入したら得になるのかといったことがわかるようになるからです。

つまり、消費税増税によって住宅減税が行われ、税金が軽減されるようになるのですが、所得層によっては、減税の恩恵を受けない層があるとしています。そこで、所得層によっては、消費税増税前に住宅やマンションを購入したほうがよいといったことがあります。

また、住宅購入では、住宅ローンを組むことがほとんどですので、消費税減税だけでなく、ローン金利と合わせて総合的に購入時期を検討したほうがよいということになるのです。