購入について

月曜日, 30. 6月 2014

消費税増税は、消費者の生活において負担となるものです。そこで、増税を反対する人が多くいるとされています。また、消費税の増税は、あらゆる国民に一律の課税を行なうため、不公平な税制度ともいわれています。

しかし、財政を確保するための最終手段としてやむ負えないことであることは理解するべきなのかもしれません。そして、消費税による財源の確保は今後も行なわれることになります。住宅やマンションの購入においては、当然として消費税導入による影響を受けるものとなります。

たとえば、住宅建設においては、資材、運搬費、工事費において消費税がかかります。そこで、工事費が今よりも高くなることは確実なものとなるのですが、住宅購入や建設を予定しているときは、この点について承知することが必要となるでしょう。また、諸経費においても消費税がかかりますので、住宅購入や建設においては、大きな影響があることになるでしょう。そこで、2014年の消費税額改正前に駆け込み購入を検討する人が多くなるとされています。

消費税増税後は、住宅ローン減税が設けられることになりますので、この制度によって増税分を減らすことができるようになるとしています。これは、所得によって効果が違うことから、消費税増税を待ってから買ったほうが得になるということもあるのです。所得層によっては効果が異なるようになりますので、住宅やマンションの購入タイミングを見て買うほうがよいでしょう。

なお、増税後は、資材や工事費が上がることは避けられません。そのようなことから、住宅ローンの金利などにおいては、低い金利で契約できるものがよいとされています。