デフレ経済を脱却するためには

木曜日, 31. 1月 2013

現在の日本は長引くデフレ経済が続き、世界市場からも遅れをとり、海外企業の進出により国内市場までも海外メーカーに遅れをとる状況となっています。各界では「デフレ経済からの脱却」がが叫ばれており、様々な施策を打っていますが、なかなか改善されないのが現状です。

デフレとは市場において物価が下がり続ける経済状況です。これは市場での需要が不足することで、生産過多の状況となり、物価を下げることで市場を動かすことです。物価が下がり過ぎると利益が少なくなることで、企業の経営は悪化し生産性低下により雇用問題・賃金などへの圧迫が強くなります。

デフレ経済を脱却する方法として考えられることは、国内のお金を増やすことでお金の価値を下げることです。しかし、単に日銀がお金を増やすことは、様々な障害があり現実的には難しいことです。

お金の価値をあげることは、私たち給与所得者の収入を増やすことです。国内企業の生産性を高めることで、GDP(国内総生産)が高まり、企業に利益が生まれることにより私たちの収入も増えます。

家計において収入が増えることで消費も高まり、市場においても商品の流通が活発化されることになります。現在のデフレ経済を脱却するためには、国内の生産性を高め経済の活性化をはかることが重要な課題となっています。

Comments are closed.